2014年12月16日

神一厘の仕組みとは

神一厘の仕組みとは、 
悪行をギリギリまで引き伸ばす作戦、これ神一厘の仕組みという。
日月神示をお読みの方でなくても、これからのこと、わかりやすく言うし、わかってくるぞよ。
選挙明け、三輪さんは第二次世界大戦の様相になってきたといってます。
この加速された勢力のエネルギーは、これから大戦末期に至るがごとく9割9分9厘まで拡大されていきます。
なぜかというと、そこまでいってようやく最後の一厘でグレンとひっくり返る仕組みが用意されているからです。
これが神一厘の仕組み?
では、なぜもっと早く、できれば気づいた人たちいるのにそういった勢力が弱いばかりで、神は応援できずにいるのか。
戦争で犠牲になる善民はどうなる、環境最悪、疑問に思っている、そういうことしばしあるよね。
神とは統べる人々の総称で、ワンネスを成し遂げた人々。だから宗教を超えて、地球の人いれば地球外から来る人もあり、幽界・神界は当然。神界の神々は人類創生に関わる時代から来ていた地球外生命体の存在に投影もされる。
日本神話にも出てくる神々がプレアデス・金星人・アークチュルス人であったりするの良くわかる。
彼ら地球に生まれた人々の御魂磨きを見守っている。我々人類は思春期の子供。自立したい年齢、飲んだ暮れでギャンブル好きな親といさかいばかり。自立できないジレンマ親のせい。
この親を捨てて社会に出て行く時期見計らっている。それ以前に手かせ足かせしていると、自分の蒔いた未熟な種で刈り取る穂も育たないめぐり取り。
これを捨てられない人大勢いる。できるだけ大勢とは望んでいても。中には捨てるの手助けするために生まれてくる人たちもいる。
これから起こること大峠というが、すでに其の予兆は十数年まえからはじまり、はっきりとした見通しは3.11から。
神示ではこの大峠、70年前から警告しいて、悪行の一味イシヤ(其の背後のイルミナティ)の計画を開国以来見抜いている。
その後の様子、神界における悪と善の戦いはシュミレーションでわかっていて、それ以来警告を発している。
日本は霊界エネルギーとその伝統が根強く培われたところ。シュミレーションが多くのチャネラーに降りていって神示となる。
大峠の様相、イシヤの当初の計画修正されて今に至ってる。
悪行の行方、バシャールはラバーバンドの法則にたとえてこう説明しています。ここが大峠のクライマックス。
輪ゴムが伸びる度合いを悪行にたとえると、彼らイルミナティーの悪魔崇拝は全能で、神をも支配できる勢いである。
これをバシャールはゴムバンドでいうと、切れる寸前で離すとどうなるか、と言っています。
想像してみてください。神寸前まで近づいたバンドが一瞬にはじけて元いた地点まで思いっきり跳ね返っていくのです。
その跳ね返りはバンドの伸びが強いほど強烈にパンチを食らうことになります。
では、そのゴムバンドを離すのは誰かですが、もちろん悪魔ではありません。
この一厘の発動について、私なりに数日間考えていました。その結論は、実はその悪魔的存在を裏で糸引いているのが、これを言ってしまうと実に信じられないかもしれないが、ホンのところは神ご自身なのです。
私もこれを理解するまで苦節30年ですから、理解できる人を期待しません。
なんと悪魔を手引きするのが神ご自身だったとは、トホホホホ。
たぶん、細かい事など悪魔にお任せなのでしょう。大雑把に言えば、神が細い糸を引いている程度。
その糸とは、めぐり(カルマ)の引き伸ばし、悪魔に最後の1厘に寄って来るまで糸を引き寄せて、すなわち拡大勢力に加えてカルマを感じさせない強運を与えているのです。
これは神の仕組んだ最大のパンチ力で悪魔自ら蒔いた種を自らこうむる結果にする秘策とも言えます。

だから、神にはどうなるかお見通しなのです。そのシュミレーション・預言が決定的なのは、悪魔をも動かす作戦を自ら仕組んでいるからです。
悪魔にカルマなしといいますが、マシューメッセージによると、この一厘のパンチ後、悪の御魂は億兆に分かれ、この第三霊性密度の最底辺の食物連鎖に位置するナメクジ・蚊・ハエといった、くさい物・腐ったもの・じめっとした所を好み、他の血を吸って生きる、まさに低波動にふさわしい生を億万回と転生をしながらめぐり取りを行うことになっていきます。
ところで、問題はこの跳ね返ったゴムバンドに乗っかった人類です。これもきっちりめぐりを積んで来てるので付けは大きいです。私は、言われたとおりにしていただけ、というのはこの世の法律内の話。パンチはあなたのところにもやってくるでしょう。大難を少難に変えていくにはこのゴムバンドの付け根に戻るか、思いっきり飛び降りるしかありません。
あなたは、こだわりか、本物志向や自然・環境重視に戻るか、あるいは天産自給を目指してバンドという保障の居心地の良さから降りるか、人類は新たなる供給や経済システムが整うまでのたうちまわると説いています。

苦しくて嬉しがる人々、嬉しくて苦しむ人に2分されるそうですが、私としては嬉嬉の世が明けるのを心待ちに急いでやらなければならないこと山済みの状態です。

2014年12月15日

自費診療

ある外科系の医師の言葉
今の医療制度はおかしい
いっそ自費診療にすれば、みんな慎重に医師を選ぶだろう
彼がそういう理由は
手術が下手な医師ほど時間がかかる→出血が多くなる→輸血が必要・・というように
下手ほど儲かる仕組みになっているから
私も医療保険はやめようかと思うときしばしばでした。
何しろ医者に行けば行くほど悪くなるだけが、9割9分9厘。ただ、緊急治療や外科治療だけは、事故や怪我で必要だからと思って仕方なく支払っていました。でも、あの高い保険料なら自費のほうがまだましなのでは。
この際、外科医が言うほどだから、自費診療を選択します。
これも一つの断舎利。個人の大掃除。いらないものはどしどし捨てていかないと、めぐりを積むだけ。
そう思ったら、引き寄せられている手綱を斧で断ち切るのざよ。

2014年12月5日

日月神示:完全ガイド&ナビゲーション

今やすべての日本国民にとって必読書ともいえる「日月神示」とは。
このたび新刊として、完訳・解説版を読んだが私もそう実感した。
断片的に集めて論じた本と違って、時系列で下ろしていったメッセージの背景や識者内記氏による解読・解説による凄みが伝わってくる。
原文は戦争末期に下ろされたメッセージで、凄い内容なので安易な流出を避けるためだろう、慎重な計らいによって数字とカタカナと記号で暗号化された日本語になっている(なにしろその前駆者に下ろしたときは弾圧でつぶされてしまっているから)。
下ろされたのは70年前なるが、内容は今現在進行中にそれどころか更に先取りして、これからなすべきことを厳しく伝えてくれている。
従来の難解な文体や皆目理解できない日本語・おかしな日本語が伝達のネックになっていたが、このたびの翻訳・解読・解説はずば抜けて素晴らしく、メッセージが明瞭に伝わってくる。
これは、今がその時だからなのだろう。
初めての人でも十分わかる内容だと思う。だが、ためしに読むにしては高価なので、まずは完全ガイド&ナビゲーション本をお勧めする。
この神示は高次の意識存在からの警告・教え・知恵・叡智などと同様にとらえてよい。いろいろあるけど、バシャール・ラー文書・ハトホルの書・ラムサ・「神との対話」・リサ・ロイヤル・セスの語りなどのチャネリングメッセージよりも以前に下ろされているところが、日本人の霊性の高さを示している。
従来はその終末論的な内容が強調されたが、全容が公開されたことで、むしろこれで日本人としての生き方に目覚める人が増えるだろう。もちろん英訳されて紹介されれば、諸外国からみる日本のイメージもガラット変わってくるだろう。
日本は世界の雛形で、これまで続いてきた文明の後始末・責任を最初に受ける運命にある。これはこの地に息づく民族魂の霊性の高さ、それにふさわしい豊かで恵まれた自然、ゆえにその試練を乗り越えることができ、世界に向けてどれだけお手本を示していくことができるか見定められているのだろう。


Amazon.co.jp: 魂の叡智 日月神示:完全ガイド&ナビゲーション (超知ライブラリー): 中矢 伸一: 本

2014年12月4日

:謎解き版[完訳]日月神示 「基本十二巻」全解説[その一]

国常立大神が、この世界に現れたのなら(御嶽山の噴火)
「改心せよ」と警告していた段階から、もう情け容赦なく裁く段階に入ったようです。
そのとおりだな。新しい文明を前にする産みの苦しみ膿み出しで、日月神示では、今後旧体制・経済の大崩壊を迎えることになっています。来年の10月までには、ほんの1パーセントを残して最悪の状況にまで見舞われるようです。そしたらその1%手前ですべての要因がグレンとひっくり返って、開放の時が鳴り、希望と絶望が同時にやってくること違いありません。その後の日本民族の国内大移動と無政府状態なのはもうわかりきったことなのでどうでもいいのですが、むしろ肝心なのはここからで、天産自給経済を市民が自立して行っていかねばならないことです。それに御魂磨きも大切ですね。なってからのアフンとなって絶望ばかりに感じてしまう意識の人は自滅をたどるばかり、だからこれから波動を高めていってください。低い次元の意識を持ったこの世の存在や霊体が古い想念に留まらせようと躍起になっているこに時期、ヴィジョンのバリアーが薄ければ、みそぎを頻繁にして払いのけていってください。

Amazon.co.jp: 謎解き版[完訳]日月神示 「基本十二巻」全解説[その一]: 岡本 天明, 内記 正時, 中矢 伸一: 本

2014年8月10日

注目を集めるチア・シードとは

先日スーパーアツミでチアシードを買ってきました。これも波動の高い食品です。
なんでもチア・シードは調理する必要がなく、他の食材と混ぜるだけで簡単に使えるそうです。
私のようなアバウトな人にはもってこいの食材です。それにチアシードのすばらしさ、それはずばり、『10倍に膨らむ』という性質です。
なので、こんどのスムージーに加えてみます。
チアの葉は殺虫効果を持つ油を大量に含むので、非常に強力な虫除け効果をもつそうです。
コンパニオンプランツとして利用できそうです。
さらに魚肉製品に蓄積されている恐れのあるダイオキシンや水銀などの有害物質を分解する働きもあります。
チアシードのすべて:http://chia.kisojoho.net/

しアシード

ダイエット、便秘解消で注目を集めるチア・シードとは [健康食品・サプリメント] All About




2014年8月5日

東京都内の放射能汚染が尋常ではないレベル

東京の汚染度がウクライナのキエフ並み。そこは今、生まれてくる子供たちの10人中2人だけが健康で、その子達も大人になるまで病気の花束を抱えることになるという。平均寿命55歳、遺伝子の劣化で、孫の代で普通の社会生活がほぼ完全に終了となる。
東京以北の福島にかけては、人類未踏の高放射線地帯で、チェルノにおける25年のデータが圧縮され加速されて起こってくるのだ。
それだけでない。日本は世界で最も物流の行き届いた国。それが災いして、食品を通じての内部被爆の害は計り知れないほど大きい。これは陰謀が絡んでいようが、自然災害であろうが、結局は日本人だけでなく人類の集合意識が引き寄せたものに違いない。
私は何度も言っているが、すでにアセンションは始まっている。ただ、これについて無頓着な人は変化と今後の見通しはわからない。宇宙レベルでの人類進化から見たら、気づかない人々が大量に去っていくのがわかる。もう何十年も前から言われていたことで、今まさに、魂の収穫の時期に入っているのだ。ここで魂を成長させなかった場合、笊からすくわれず、ふるいにもかけられず元いたところに落ちていく。すなわち、今後25年間に日本人の半分以上が亡くなって行く。日本だけでなく世界中でも同様のことが蔓延していくのだ。地球は浄化をまっしぐらしているので、この浄化の波動に共鳴する意識を持つ人々が地球についていくことができ、地球を再生しようとしているのだ。
しかし、魂レベルでの判断からすれば、あえて意図的に望んでそれぞれの生を選択して生まれてくるので、何度も何度も同じ時代に生を受けて、ポジティブ・ネガティブ、すなわち反対・賛成の両狭間を行ったりきたりして魂のバランスをとることで進化する生を誰もが経験してきているのだということを感情レベルで受け入れるべきである。

東京都内の放射能汚染が尋常ではないレベルな件 - Togetterまとめ

2014年7月14日

3×5mの畑で45品目の野菜を作る

常識を超えた育成方法です。もうプロの助言は必要ありません。今までの野菜作りは農家の方のやり方をアレンジして家庭菜園に応用していたような気がします。少量生産自家消費が基本の一般大衆向けのやり方があるんです。これを極めた方が書かれた本をお手本に今から作付け計画を立てています。
食の安全などとっくにありえない世の中、人類の削減計画が現在きわまっていますね。遺伝子組み換え・食べて応援の内被爆・農薬や医療毒薬品に煙トレイル。いろいろな情報を精査して見極めていくと、真実や真相が見えてきます。選択が他にもあって生きるすべも見つかります。これを知らせたり、分かち合ったりすることは真実や正義に導く愛の行動です。
しかし同時に、残念ながら多くの人々が、それも億単位で、急速に病気になったり突然死で亡くなっていくのが何の不思議もなく分かってきます。
今後普通であるということは大変危険で、ほとんど知らされていないので、それは殺されるに等しい状態です。
私の言っていることは、けして大げさなことではなく、むしろごく普通の状態をお知らせしているに過ぎません。
今地球市民は一刻も争えないほどのサバイバル的な状況に置かれているのです。
さりとて、人には病気になる権利や苦しむ権利があり、それによって意識や魂・霊的な成長・進化が促され、そのようなケースをあらかじめ潜在意識や魂レベルで選択している人たちがいることも知っておくべきです。
だからさりげなくいきていきましょう。




今日の夕食は玄米に背高泡立ち草のゴマしょうゆ和え、サニーサラダにミニトマトそれと塩麴で醗酵させた揚げ豆腐です。

内海 聡 - 小麦の問題...

パン食をやめて早や2週間がたちます。小麦粉が健康上良くないと教えられてからは控えようかと思っていましたが、なかなかやめられませんでした。依存症にもなっていますが、それよりも他の選択肢が限られていることに気づきました。
皆さんも何かの癖や断ち切れない悪習慣があるときは、それをネガティヴに捉えるよりは、他にもっとすばらしい選択肢があることに思いを馳せてみましょう。


私の朝食はパンとコーヒーでしたが、今は果物だけにしています。21日間続けると確実に習慣化が身について、体や容姿に明らかに良好な変化が見られるとのことです。
より理想は、午前中は体の毒素を排出する時間帯なので昼までなにも摂らないほうが良いそうです。
この調子ならずっと新しい意識の高い選択を続けられそうです。
極め付けに、昨日はスムージーの健康講座に参加してきましたが、酵素のや解毒のことなどしっかり勉強してきました。



今の時代は、完全無農薬でもいろんなしがらみがあって解毒しないと、近い将来には大変困難で悲惨な結末が用意されているのを改めて知りました。
いかに解毒し、酵素の含まれる汚染されていない食品を摂取するかが重要です。
そこで、スムージーなんですね。48度になると酵素が分解してしまうのでなるべく生が良いんです。果物:野菜比7対3だとたくさん食べなくても満腹感に満たされるようです。



これから昼はスムージーで基本的に通していこうかな、って思っています。




内海 聡 - 小麦の問題...

2014年7月10日

撒いた種は刈り取らなければならない。因果応報。カルマと言われるものは宗教の教えを超えた宇宙法則です。
今日あなたが行った結果は明日にでもあなたに跳ね返ってくるほど意識の現実化が速まっている時代、こういうことをすれば、同じことが人間にも返ってきてしまいます。
それが遺伝子の劣化を引き寄せ、放射能被爆の蔓延放置状態を引き寄せ、奇形の世代を生み出し、取り返しのつかない魂レベルでの劣化や意識の低下による輪廻転生を生み出し、関わる人々の魂がそこに移行されていくのです。



2014年7月4日

ラムサの預言-賢きものは準備せよ!

このラムサの語りは、20年も前の内容で、CDに収録された中からの抜粋です。
当時聞いていたらSFまがいの遠い世界のように感じますが、今日、現実はまったくその通りの世界であり、あの時代に世界の裏側を明るみにしているのには驚愕に値します。大変ネガティブな内容に思えますが、あれ以来地球の壊滅的予言は修正されてきました。
バシャール・マシューメッセージやシェルダン、サ・ルー・サなどでお分かりになりますが、高次の宇宙的に進化した存在・集合意識や銀河連邦の介入があって地球を守るための方策が採られたのです。
地球が壊滅的な状態で叫んでいるのを聞き受けて、密度の上昇、いわゆる次元上昇・バイブレーションを高めた第4密度への移行を惑星間レベルで行うことを進めてきたのです。



2014年6月30日

人類が最初手にする、電磁波を使ったフリーエネルギー抽出装置



人類が最初手にする、電磁波を使ったフリーエネルギーを抽出する装置です。

以前の情報から更に公開が進んだフリーエネルギー生成装置の説明です。
以前私が知った動画では途中までしかヒントを言わなかったバシャ-ルでしたが、今回は一歩進みピラミッドまで言及しています。あともう一歩だと思います。
しかし明かされる前に己の直感を信じて自ら歩み出せ、と言われているような気がします。

オリゴナイトやセルフィカを直感で知るにいたったり体験した方には直感でわかります。更に神聖幾何学について学んだ方ならば、あの形態 マカバ に準じるものであることに気付くでしょう。

バシャール 「日本の変革・・・」



・・・日本は急激に変容が起こる可能性のある地域の一つなのです・・・

私たちの文明は、文
明と呼ぶには程遠いほど汚染された監獄惑星と化しています。
従来のピラミッド型の頂点集権による支配構造システムはまもなく
崩壊するでしょう。

現行を変えると望むならば、崩壊を歓迎し、システムへの協力を断念する生活に移行すべきです。
そこでこの時代に生まれた人に共通の課題は、主要な社会的要素(医療・教育・エネルギー・連帯意識)を他者である国や権力者そしてリーダーにゆだねてしまった、その依存症からの脱皮であり、断舎利であり、洗脳からの覚醒であり、気付きでもあるのです。
そして迎えるべき新しい社会構造に目をむけ着々とワクワクしながら準備していくのです、それはアメーバ型の共同体が相互につながるネットワーク社会:で、どの共同体も社会に形成に必要なすべて(自給・自立・相互救済)を満たしている、言い換えれば部分が全体でもある、ホログラフィックな社会構造なのです。

Orgonite オルゴナイトまたはセルフィカSelfica

昨日は私が住んでいる豊橋のパワースポットすなわちボルテックスといわれる山(石巻山)でイベントが行われ、私も招かれました。
2013年以降、ボルッテックスの波動エネルギーーが上昇するといわれて久しいですが、10年前に頻繁にこの地を訪れていたころに比べれば私の精神世界に対する認識は苦節10年とはいえ、大いなる収穫に値する期間であったと、過去を振り返って鑑みる一日でした。
ヒーリングイベントを企画なさった皆さん、参加者の皆さん、施術をしていただいた皆さん、ありがとうございました。
私の車にセルフィカをまきつけて下さった方にも、奇跡的なお守りとして大切にします。ありがとうございました。



らせん状のものならばほとんどのもので波動が発生します
。より高めたい場合は銅線などの伝道製のある金属などが適しています。空間のプラーナ、生命エネルギーを集める役割をします。
巻き方によっても強弱が出ます。

いただいたセルフィカは麻のコイル巻きを蜜蝋で固め、その両端部を金属螺旋でつなげた、麻の波動を放つセルフィカです。
会場はフラワーエッセンス・オイルの香りが漂い、これらも波動を高めます。
それらも、波長の合う出来事や出会いを引き寄せ、意識の顕在化・物質化が起こり始めます。
いま、これが以前よりも早く起こり始めているのです。意識はエネルギーであり波動です。意念のパワーに私は遅まきながら気づいたしだいです。

2014年6月8日

海洋汚染の現状

地球規模での信じられないことが起こっている。
アメリカ西海岸、カナダなどが事故直後西日本よりも放射性降下物が多くてカナダ産の小麦やブルーベリーが危険視されていましたが、東南アジアまでとは、いかに・・・
「シンガポール(東南アジア)、アメリカ西海岸、カナダは、
日本の関西、四国、中国、九州よりも重度に汚染されている所も多いから、
移住先には向かない」

このことは人類削減計画に関わっている側はよーく知っていることで、実際はこれ以上の被害をもたらして地球そのものを崩壊する計画だったと言う。
たぶん、地球はノアの箱舟に匹敵する見えない洪水(放射能)で満たされる日が近い。
見える状態になるのが事故から5年後の2016年、
草木の花が一斉に咲き始めるがごとく、あふれ咲き始める地獄絵図、
すでにあれから3年過ぎると世の中の二極化がとことん明確になってきた。
このような状況と世界を引き寄せてきたのは私でもある。
世界の醜悪を体験しないうちは実現や行動に起せない私の魂レベルが今の現実を引き寄せているのだろう。
文明とは言うにはあまりにもかけ離れた催眠収容所-地球を覚醒した惑星にリカバリーしていかなければならない。

2014年5月17日

原発問題

保険会社の幹部、死因や癌増加の驚愕データに恐怖して『どんどん退職』『東京や日本から逃げ出してる』 - 原発問題

コップにたまり続けている水滴なんです、今の状態は。徐々に水滴がぽつりぽつりとコップにたまり、コップの縁なみなみまで満たされるまでどんなことになるか知らされていないんです。
ある限界値、コップの縁を超えると、もうどんな操作を政府やマスコミがしても止められないほど止めどもなく水が溢れ出し、あたり一面が手のつけられない状態になるんです。
そうなったら、あたしも1年のうち数ヶ月は海外で仕事や冒険やロマンスをしながらすごし、春と秋に日本にいて思索にふけり、季節を楽しみながら美味しいものを食べ、たまに思いついたように仕事をし、自給共同体の仲間や友達と文明崩壊後のあり方を語り合い(ここでこの文明を文明と呼ぶにはあまりにも意識が低く、むしろ監獄にされてきた擬似文明といっていいでしょう)また、そのネットワークを築く共同作業に従事し、庭や畑の整理や管理を行い、散々めちゃくちゃになってしまった日本を立て直すために、まあ楽しみながら、自給共同体が各地に立ち上がり、それはまるでアメーバーのような有機的な特徴を備え、それらがつながりあって成り立つ社会構造が国家と言う幻想と規制と支配の枠を超え出来上がっていくんだな~と思おう今日この頃です。

2014年5月1日

新・ハトホルの書

ルドルフ・シュタイナーを御存知の方ならば、その著「いかにして高次の(超感覚的)意識を獲得するか」を読まれたかとおもいます。この意識とは、体のある器官を活性化・呼び覚ますことです。
今はすっかり遺伝的にも環境的にもダメージを受けて、人類は数千年この器官を使うことが出来なかったことで、ある意味感覚が閉ざされてきたのです。
これは意図的に人類をそのように操作する存在もいますが、結果的に人類は物質中心の世界観に取り囲まれ、意識や魂レベルでの低下を招いてきました。

この書は意識の拡大や広がり・気付きなどに関する道徳的な心構えを中心に述べられております。シュタイーナーはこの著には続編を書く予定でその予告まで出していたのですが、その後講演活動などで忙しくなり、結局書かれずに終わってしまいました。
その続編は実践メソッドについて書かれる予定でした。他の著作やオイリュトミーなどでも扱われていますが、私の知る限りにおいてはほとんど一般公開されいないと思います。

私が今読んでいるこのハトホルの書は、まさにその続編に書かれているにふさわしい内容です。
たぶんシュタイナーさんもリーディングやチャネラーだったから、ハトホル的存在とコンタクトがあったと思います。
この本の改訂版ですが、何といっても特筆すべきは、今回65ページもの大部を割いて『第II部 意識の幾何学』として追加されたトレーニングメソッドではないかと思います。
呼吸法・気功・タオ人間医学・チャクラ・太極拳などなどとつながりがあり、地球文明の宗教や歴史的因果などを超えた普遍的な真理によるメソッドです。
御興味のある方にはぜひ、お勧めの本です。

乳岩はエイリアンが作った人工山だった

なんとなく人工的なんです。でも、それは人力をはるかに超える技で出来ているんです。でも、我々の想像するテクノロジーとはまったく違いますので、勘違いしないでください。そう、それは思念の強力な物質化といってもいいでしょう。
それらは太古の精霊や妖精の類もあるけど、ここは時空間を統一した場に住まう集合意識からのエネルギー(思念)が長い時間をかけて現れているところ。もちろんETと言っても過言ではなく、その意識にアクセスしていた人々だからです。


2014年3月28日

また、知るのが遅すぎました。このヒーリングは誰でも出来るそうで、いま調べています。本を読んでるけど、とっても入りにくいんです。これはあたしの左脳が邪魔しているんでしょう。ヒーリングというより遊びに近いというと、このツーポイントというテクニックやってみたいですね。まったくこの世の次元では理解が及びません。
2部から実践が始まっていますので見てみてください。
未来の治療ですか、そうだと、すごいですよ。確かにUFOで連れて行かれて治療された話とよく似ています。薬や電気など使わないで、時間をさかのぼって悪くなった時点までさかのぼって、その時の時間・空間を根源的な場・フィールドに戻すそうなんです。あっしゃー
そういった場は時間とか空間を超越しているところで過去・現在・未来など無いところなんです。あっしゃー
新しい現実を再創造する?何だって、今いる世界は閉じられた現実だと?


マトリックス・エナジェティクスの主要となるテクニックであるツーポイントについて
土井英明さんのブログより転載します。


Video streaming by Ustream
マトリックス・エナジェティクスの効果的な使い方をお伝えします。

私なりの感覚で書きますので、参考程度にお読みください。マトリックス・エナジェティクスの本部の方々が伝えていることではありません。

今日は、ツー・ポイントについてです。

マトリックス・エナジェティクスは、おおきくわけると、ふたつの使い方ができると思っています。

ひとつは、マトリックス・エナジェティクスのフィールドを経て、Zero Point Fieldへアクセスし、あらゆる可能性にひらかれ、あらゆる可能性が顕現すること。

もうひとつは、ある特定の目的のために、マトリックス・エナジェティクスを使うこと。

ただ、共通しているのは、ハートのフィールドに入ることと、結果に対する想いを手放すことが鍵である、ということです。


 ☆あらゆる可能性の顕現を楽しむために、マトリックス・エナジェティクスを使う

①ハートのフィールドに入ります。

②ファースト・ポイントを、身体上でも、空間上でも、どこでもいいので、見つけます。

③身体上でも、空間上でも、どこでもいいので、自分が興味を惹かれるポイントを見つけ、そこをセカンド・ポイントとします。

④ファースト・ポイントと、セカンド・ポイントとを軽やかな意識でつなぎます。

⑤ファースト・ポイントと、セカンド・ポイントの区別がなくなり、やがて、ひとつに融合するのを感じる瞬間が訪れます。

⑥ツー・ポイントを、どこかほかのポイントに移してつづけてもいいし、マトリックス・エナジェティクスのセミナーで学んだテクニックなどを使って、マトリックス・エナジェティクスのフィールドのなかで遊びつづけます。


 ☆ある特定の目的のために、マトリックス・エナジェティクスを使う

①ハートのフィールドに入ります。

②ファースト・ポイントを、身体上でも、空間上でも、どこでもいいので、見つけます。

③身体上でも、空間上でも、どこでもいいので、自分が興味を惹かれるポイントを見つけ、そこをセカンド・ポイントとします。

④ファースト・ポイントと、セカンド・ポイントがひとつに融合するまさにその瞬間に、ファースト・ポイントと、セカンド・ポイントとの間に存在する空間に、軽やかな意識状態で、意図を置きます。

本当に、軽くです。

ポンッていう感じで置きます。

ほいっていう感じでもいいと思います。

(ポンッ、でも、ぽいっ、でも、どうでもいいと思います... 笑)

⑤ファースト・ポイントと、セカンド・ポイントとを軽やかな意識でつなぎます。

⑥意図を手放します。

あとは、フィールドにおまかせするわ~、っていう感じです。

人によっては、結果を得ることをあきらめる、という感じの方がしっくりくるかもしれません。

もう、どうでもいい、っていう感覚です。

手放すという段階は、とても大切です。

どうしてかというと、結果に対する意識を持ちつづけると、私たちのこれまでの人生パターンのなかでアクセスしてきたフィールドにしかつながることができず、結果、これまでの人生パターンを超える可能性を顕現することができなくなってしまうからです。

同じ人生を繰り返す、とか、同じパターンを繰り返す、というのは、まさに、この結果に対する想いが強すぎるために起こっていると、ぼくは思っています。

結果に対する想いを手放すことによって、これまでならつながることがなかった、新しい可能性を顕現するフィールドに入っていくことができるようになります。

⑦ファースト・ポイントと、セカンド・ポイントの区別がなくなり、やがて、ひとつに融合するのを感じる瞬間が訪れます。

⑧ツー・ポイントを、どこかほかのポイントに移してつづけてもいいし、マトリックス・エナジェティクスのセミナーで学んだテクニックなどを使って、マトリックス・エナジェティクスのフィールドのなかで遊びつづけます。


「あらゆる可能性の顕現を楽しむために、マトリックス・エナジェティクスを使う」 場合であっても、「ある特定の目的のために、マトリックス・エナジェティクスを使う」 場合であっても、ハートのフィールドに入ってから、ファースト・ポイントと、セカンド・ポイントの区別がなくなり、やがて、ひとつに融合するのを感じる瞬間までは、おそらく、長くても、1、2秒くらいでしょうか。

私の感覚では、このツー・ポイントを行おうと意図したその瞬間に、上に書いたツー・ポイントのすべてのプロセスが一瞬にして起こり、完了している気がしています。

意図する瞬間にそれが起こってしまうのか、意図する前に、すでにそれが起こっているのか、その区別もできません。

本当に、ツー・ポイント、楽しいですよね。

マトリックス・エナジェティクスのセミナーで学んだすべては、すべて、ツー・ポイントだと思っています。

つまり、ある状態と、ある状態とを、軽やかな意識でつなぎ、次に手放し、それで終わりです。

あとは、訪れるフィールドのなかで、戯れる。

こんなに楽しく、効果的で、有効なワークはないよね、って思っています。


ハートフィールドへの入り方と一般のヒーリングとマトリックス・エナジェティクスの違いについてはMaxi.Tさんのブログから転載します。


意識をハートに下ろすには

①頭の中でエレベーターをイメージし、それが胸(ハート)まで降りていく。
②ハートに湖をイメージし、頭から水滴あるいは小石を湖に落とす。そして波紋が広がる感じ。
③頭の中に目をイメージし、それをゆっくりとハートまで下ろしていく。

どうしてもイメージ出来ない時は心臓の鼓動を感じることをしてもいい。それでもダメなら、心臓に手を当てて鼓動を感じるとか。

イメージでもなんでもいいんで、とにかくハートに意識を下ろすことをしてください。
意識するのではなく、意識をハートに下ろす。この「下ろす」というのが重要。

意識が頭にある状態だと、左脳的な考え方が残り、右脳的なハートのフィールドにアクセス出来ません。それだとハートのエネルギーを使うような感じで、全然違います。

一般のヒーリングは病人、病状、患部等の肉体という「物」に集中し、エネルギーを流すことをしますが、それだとたとえエネルギーが5時限的なものであろうと、4次元の物体を意識しているので、4次元の道理・法則に従わざるおえない。
また、病状を認めると、医学的な理論を受け入れてしまうので、その限定をも受け入れてしまう。
いかにも左脳的。

これらを手放すのがとても大事で、マトリックス・エナジェティックスでは様々な概念を手放すことを盛んに言います。
それをするためにも、頭から離れることが重要で、ハートに意識を下ろすとそれが可能になる。

また、ハートは様々な次元にアクセス出来るスペース・場なので、そこに「入る」ことが必要。
だから、ハートを意識するのではなく、ハートに意識を下ろす。

マトリックス・エナジェティックスは5時限的なスペースに入り、意識で変革させる。
この世の物体は4時限的な物理の法則に縛られるけど、意識は物体ではないので、物理の法則に縛られない。
ゆえに、タイムトラベル、パラレルユニバースが可能になる。
だからこそ、奇跡みたいな現象も起きる。