2019年4月10日

人類の起源が未来にそして現在から来ているという奇妙なストーリー

以下の説にはグレーが大きく関わっていますが、それについては語られていません。バシャール情報では断片的に語られていますが、全容にまでは至っていません。
私なりに何時かその時制的矛盾を噛み砕いてまとめてみたいものです。
以下、黄金の金玉を知らないか?
から転載です。
地球人類を作ったのはアヌンナキという存在だった。
アヌンナキが遺伝子操作して人類を作ったのです。
そのアヌンナキさんは、もともと今の地球人類から派生した存在です。
アヌンナキさんは今、自らの文明を破壊してしまって、絶滅に瀕している。
で、なんとか生き延びるためにポータルという時空の穴を作り出した。
そのポータルを使って彼らは過去に戻って地球人の遺伝子を操作してハイブリッドを作った。
何種類かのハイブリッド種族を作って、その6番目の種族が今の人類になった。
えーっと。
アヌンナキが生き延びるために過去に戻って人類を作って、
そのうちの6番目が今の人類。
で、そこから派生してアヌンナキが生まれた。
ってことはです。
つまり
アヌンナキ→人類→アヌンナキ
過去、現在、未来がループしてますよね。
なんじゃこりゃ?
他にもプレアデスとかシリウスも今の人類から派生した存在と書いてます。
えーっと。
要するに
宇宙人=未来人?
何か変ですよね。
先日、地底人さんにこの疑問を聞いてみたのですた。
ケタケタケタ。
いつも高らかな笑いと共に明快な答えを出してくれる地底人さん。
やはりこの人はブレないわ。。
き、既知外。。
さすがに、いつもお尻の穴の匂いを嗅げだとかインフルエンザの息を吸えだとか。
地球人に変態な教えを広めてるだけある。
明確に答えてくれますた。
まとめるとこういう話ですた。
この本でダリル・アンカさんは全部、外界で起きてるとして書いてるけど、
実際はぜーんぶ体の中で起きてる話だよ。
バシャールという存在は、ダリル・アンカさんの体の中の記憶が作りだしている。
ダリル・アンカさんが自分の体の記憶を外に映し出して話してる。
チャネリングというのは自分の体の中と会話してるんだ。
現実は、自分が映し出してる。
この基本以外はないんだよ。
だからそもそも過去や未来なんてのも存在しない。
全部、現在で起きてるんだよ。
自分の細胞の中に、色々な記憶があって
体のある特定の部分と共鳴したものが外に映し出されてる。
例えば、良く霊能力者が見て、この土地はその昔、戦場だった等々。
そういう話があるけど。
それは、全ての人類の細胞に戦国時代の記憶があるから。
その記憶を外側に映し出して見てるということ。
自分が共鳴する波が変われば映しだす世界が変わる。
だから今、自分がフォーカスするところが違えば戦国番組も見れる。
織田信長もたった今、別の番組で生きてる。
過去も未来も体の中にある。
予言などは、未来を映し出した未来番組を見てるだけ。
このように言ってますた。
うーん。
答えは全て体の中にあるのか。
明確だ。
明確過ぎる。。
ちなみに、バシャールさんが言う列車が分かれるという話も明快に説明してくれますた。
今、現在も、どーやったって話が合わない人がいるでしょう。
それは脳と体の使い方が合わないってこと。
人は、これから4タイプぐらいに分かれる。
今まで全員同じ番組を見れてたのに今後、別チャンネルを見るようになってしまう。
それは認知する人の波の振れ幅が重ならないからしょうがない。
parallelworlds.jpgどうしても映し出す現実が別の世界になってしまう。
こう言ってますた。
なるほど~。
うーん。
確かにワタスは最近は、話の合わない人はなぜだか会いもしなくなってる。
それは映し出す世界が違ってきてるからなのか。
とかなんとか。
ひじょーに明快なお話ですた。
とにかく過去や未来は存在しない。
たった今、それは単に別チャンネルでやってる別番組というお話ですた。
以上、転載終了