2017年11月10日

すばらしい人やすばらしい場所に出向いて聖なる喜び・至福を受けとる前に、先ずはあなた自身が聖なる喜び・至福、そのものになるべき。
『神との対話』著者:Neale Donald Walsch



2017年11月9日

アヌンナキ=グレイ=人類

 アヌンナキ、かつて人類を創りだした創造主として崇められ『神』の元祖的存在。
遺伝子操作で人工的な生命体である人類の祖先をつくった彼らは、その後遺伝子に異変が起こる反作用・カルマを受け、生命体として退化し、種としての機能を失ってしまう。
あの醜い姿のグレイが彼らアヌンナキの子孫に当たるのだ。 https://t.co/wh3OVbxDgw

アヌンナキの道をなぞろうとしているのが現在のピラミッド型思考の人類。自らを生み出した存在と同じ道を歩もうとしている。
別の言い方をすれば彼らはアヌンナキの祖先になってしまうのだろう。

物質的なテクノロジーが抜きん出て進化し、他の惑星にも支配権を及ぼすようになっていき、行く末はオリオン大戦のような惨事を引き起こすことになっていくのだろう。


彼らは精神的進化をなおざりにしてきた末、心や感情を失うと言うカルマまで背負うことになってしまう。
生命体としては最悪の姿であり状況を向かえることになってしまったグレイ。
結果、カルマを引き起こした原点に立ち返って種の復活を果たそうとしてきたのがこの数十年話題にされてきたアブダクション(誘拐事件)である。

彼らグレイ・かつてのアヌンナキ・その祖先である一部の人類は、種の健全な遺伝子を自らの劣化した遺伝子に組み込むことで混合種(ハイブリット)を作りだし、種として存続と復活を遂げようとしている。
 
 以前は、ほとんどの人が同じ世界観の中で生きていた。ピラミッド社会の価値観とでも言ったら良いか。祖先の時代から数千年来続いているのでその異常性と狂気性が当たり前だと思ってピラミッドの上目指して懸命に生きてきた。下にいる奴らに対して優越感を上には劣等感を抱くことが生きてる証だった。 https://t.co/2xsSqBqZoj


 世界観の分離はすでに始まっており、もうすでに両者は交わらないで平行した状態で進んでいる。
一方は旧来のピラミッド型を維持しながら環境破壊が猛烈に進んで取り返しの効かない惑星規模での崩壊を招く様相だ。
この世界にタイムスリップして還ってきた者たちが報告する内容はいずれも同じでピラミッド型の支配社会の行く末を語っている。 


 現在の人類の世界観にはこのピラミッド社会とはまったく異なる社会システムの萌芽が育ちつつある。
この文明の人類が未だかつて経験してきたことの無い社会のしくみで、多くの人たちがすでに直感に従ってライフスタイルを変えたり社会変革に乗り出している。
それはピラミッドのように上も下も無い、人間だけでなく動植物に対しても並列共生していく社会のあり方だ。
これを円環型社会システムといって、すでにインターネットの世界観がその一つの例ともいえる。
精神的に進化していく種はいずれもこの様な社会に移行していく。未来の話だけでなく、かつてのネイティヴ・インディアンや縄文人たちはこの社会システムをとっていた。

2017年11月6日

Perpetual Motion Machine - Last Update Before Complete Rebuild - Working...

子供の頃、夏休みの課題に永久機関を作ってみようかと思っていたが、先人の試みた永久機関はことごとく失敗し続けた、と百科事典に載っており、それを読んでは思い留まった記憶がある。

 だが、今日それはなんと!嘘だったことが分かってきた。
パテントはことごとく握りつぶされ日の目を見ることが出来ずにいたのだった。

 今日、一般大衆・アマチュアによる様々なフリーエネルギーの試みがある中、コイルも磁石も使わない、極めてプリミティブな動力源として重力を使った回転動力を再度検討してみようとする動きが起こってきた。
すると、何時間も動き続けるのだ。
DIYでも出来るが、すでに16世紀中世の時代にはアイデアスケッチに残されており、後の時代には発明化され特許申請されてはいたが却下され続けてきたのだ。

 なぜなら永久機関は特許として認められないという文面が特許法にあったからだ(これは今日でも続いている)。こんな法律を作ること自体がその時代からすでにこの世のエネルギーを一部の特権階級が独占していこうとする動きがあったからに違いない。


 ここで示す動画は近年発表されている永久機関のほんの一部であり、他にも数多くの試みと成果がユーチューブ上で観ることが出来る。

2017年10月29日

巨人伝説と竜神伝説

心霊岩とか心霊山と言えばいいのか。近年、見える人がだんだんと増えてきた気がする。それはちょうどオーラを見るような感覚に近い。本来見えるのだがその感覚を失ってしまってきただけなのだろう。


ここに紹介する動画群を観ていると、この地球・この世界には明らかに別の次元が存在していることを感じる。

こういう類のものを初めて観る人にとっては、目の錯覚を使った騙し絵に近いものがあるだろう。
あるいは心霊写真だと見せられて、どこに幽霊が写っているのか探すのに似ている。
あるいは空に映る雲を見ているうちに、それを天使や竜・不死鳥と捉えたり・メッセージとして受け取ったりする感覚に近いものがある。

いずれにせよ、無意識のうちに想像力を使っているわけだが、この動画に出てくるレベルとなると、自意識を超えるほどのインスピレーションを受けてしまう。
要するに、我々の想像力を凌駕するほどの物理的次元を超えるパワーがそこにあるのを感じてしまうのである。
特に平坦な地で生まれ育った文明人にとっては自然観が大きく変わってしまう人もいるだろう。



我々の視覚が捉えることの出来る範囲は、ある種の生命エネルギーが物理的媒体に反映されることによって存在しているともいえる。

ここで言う生命エネルギーとは、気でありエーテル体でありオーラと言われる領域だ。
それらは流動的でその周りに更なる種類のエネルギーが層を成していると言う。
そこには意識もあれば、感情も流れては別の存在とコミュニケートしたり、意識レベルで異なる存在と合流しては大いなる全て・ワンネスという大河に戻って行き、円環的流れの中でこの循環を繰り返す旅をしている。

それら精妙なエネルギー体は、必ずしも生命体としての物理的な器官があろうと無かろうと物質界に浸透していく。

その浸透が容易な時代が過去地球にはあった。
地球の密度が現在ほど硬化していない時代。
重力は今より低く物質の重量も軽く柔らかく流動的な時代があった。その頃は生命体が現在より大きく育ち生きていた。
岩も山も石もまだ柔らかく流動的で意識が容易に浸透して形を変えることが出来た時代。
地球の歴史から言えば、まだそんなに昔のことではない。
それらが巨人伝説や竜神伝説として残ってきた。

続いて観るならば、以下の動画群に世界中のさらなる巨石・奇岩を収録されてます。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLvTL7atn2Ot0LNScAHSy_nvoteOqRPYQ2

世界中で目撃されている心霊岩。一旦見え出すと、もう単なる岩ではなく、物質を超える何かとてつもない意識をともなったエネルギーを感じざるを得ない。

2017年10月25日

古代コンクリート・ローマンコンクリート

この数日間、古代コンクリートを調べている。
古代コンクリートは別名ローマンコンクリートとも言って、ローマ時代まで使われていたコンクリートで2000年以上も保っている。
今日のコンクリートとは海水に弱く、もって50年から100年。
それに対し古代コンクリートは比べ物に無いほど耐候性・強度が高く、寿命が長い。
今日では、エジプトのピラミッドのブロックの大半が原石から切り出したものでなく、この古代コンクリートから出来ていることがわかってきている。
ピラミッドだけでなく、神殿の壁や列柱に施されたレリーフなども掘り出したものではなく、ペースト状のコンクリート(モルタル)であることが分かってきている。
なぜ今日までそのような研究がなされてこなかったのだろうか。不思議でならない。
しかもローマ崩壊以降ほとんどその技術が失われてしまったのが不思議だ。
今日のコンクリートはポゾランセメントといってすぐに固まって硬くなり施工性に古代コンクリートより優れている。
だが、時間が経ち世代交代する頃には危険極まりない構造物になってしまう。だから経済を回転させるには良いかもしれないが、環境やエネルギーのことを考えたら、環境破壊やエネルギーの浪費となってこの文明に重くのしかかることになる。
現に、50年も経つと高速道路やダム・地下鉄などメンテナンスなどものすごい負担になることが見えてくる。
私は古代コンクリートを調べるうちに、これは大麻のパターンとよく似てるな~と思い始めた。
そうなのだ、古代コンクリートを使わせまいとしてきた闇の勢力がやってきたことは同じなのだ。
コンクリート産業が常に潤うためだけではない。ローマ崩壊後イタリアを中心に政治的権力を振舞ってきたカソリック(バチカン)。それを支える王朝貴族。今日につながる金融や政治を操っている輩達。
医療産業を潤わせ、病を治す大麻を禁止してきた点など古代コンクリートとシンクロしているのではないか。
古代コンクリートは調べて行くと、どうも容易に出来るようだ。
DIYで誰でも簡単に出来るようだ。
すでに、この手の隠されてきた技術に疑問を持った一般市民がごぞって試作・実験をし古代失われてしまったノウハウを取り戻そうとしている。その様子がユーチューブでも観る事が出来る。
私も近いうちに試してみたい。


日本語翻訳された動画はまだ出てませんが 、 このの動画がわかりやすく試作してますね。
基本的には生石灰(乾燥剤で良いんです)に貝殻を燃やしたもの・それに火山灰を加え、つなぎ剤に軽石を砕いたもを混ぜるんです。
火山灰はホームセンターで売ってる富士砂でもいけると思います。