2017年4月30日

人類の本当の歴史

崇めるとは何か?

崇める対象は何も神でなくても良い。アイドルであろうと理想の人格や人間像でも。あなたが崇める存在は自分には出来ない力を持っていたり、自分より優れた存在や自分より上の存在なら何でもよろしい。社会組織の中ならどこにでもいるような奴だ。

崇拝することであなたは劣等意識を知らず知らずのうちに潜在意識の中に埋め込んでしまう。心理的にそうなるメカニズムになっており、それは意図的にある目的のために施されてきたコントロールだった。

またそれには、崇拝の度合いによって人を区別し、同時に自分よりも下の存在を作り出すことで優越意識も自動的に埋め込まれる仕組みになっている。

遺伝子には脳細胞もそうだが意識のパターンも埋め込まれている。
その歴史は我々人類の誕生にまで遡る。
だからこの埋め込まれた人工的な意識パターンであり装置を外すのは容易なことではない。

残念なことだが、この時期これに気付くのはごくごく一部の者たちのみとなる。
彼らはポジティなタイムラインの地球に移行することになる。
新たな地球文明はピラミッド社会に代わる、区別や上下や差別が存在しない円環型の社会へと移行していく。

30年もたてば世代交代が進み、志半ばあるいは文明の開拓者として亡くなっていく人たちがほとんどであろう。
だが、彼らの魂は望んでいた来るべき社会の存続する地球へと再受肉することになる。そしてその頃には先駆的存在のプレアデス文明と合流することになっている。

一方、そうでない従来のピラミッド社会に浸かり続けていた人たちの社会はどこへ向かうのであろう。

残念ながら、現地球は前者の意識を持った文明社会を受け入れる体制になっており、後者の従来型の社会は崩壊する方向へと流れていく。

だが人々の意識はどこへ行こうとしているのか?
30年もたてば世代交代が進み亡くなる人たちも多い。彼らの魂は再度気付きの機会を設けられて魂レベルでの進化を促されるように再度地球の従来の文明へと落とされていく。
これがもう一方の平行世界の地球でネガティブな世界を存続して行ったもう一方の地球なのだ。

再受肉(リインカーネーション)は人によってはタイムライン上、現在に再度という場合もあるがたいていはタイムラインの延長線上へと押し上げられる。
そこでの地球文明は環境破壊と核汚染が進み地球は肥溜めのように成り果てている。
いわゆるこれが精神とテクノロジーの乖離する文明、すなわちオリオン文明の道を進み始めるのだ。

オリオン文明とは称して銀河の征服組みといわれている存在である。
彼らの行く末は『アナスタシア』第4巻にも出ている様に高度な文明を持ちながらも感情と子孫存続の劣化が進行している。

彼らは遺伝子操作に長け、遺伝子組み換えで生物を作り育て食物を作り、自分たちの労働に変わる労働力としての遺伝子組み換え人間も創ることができる。

ここからはアヌンナキが歩んできた道を辿ることになってしまう。
彼らは幾つもの文明を征服することの出来たテクノロジーを生み出す代わりに自ら住む惑星をも崩壊してしまい宇宙をさ迷うことになる。

それから数千年もたてば想像できる事だが、いわゆるグレイ種族へと退化してしまうのである。

グレイが最終的に種族存続を掛けて救済策を見つけ出したのが、自分たちが歩んできたタイムラインを遡りもう一度人類の集合意識が大きく二つのタイムラインに分かれて行った地点まで戻り、健康な自分たちの祖先である地球人の遺伝子を自らの肉体に埋め込むことだった。

過去数十年の間にグレイの拉致事件はすでに完了している。
このことにより、彼らは文明の存続が達成できた。
感情を取り戻すことで、性愛の意識も戻り子孫存続が可能となり、ひいてはもう二度とオリオン文明に戻ることの無い新たな社会システムを、ほんとうに遅ればせながら作り始めているのだ。
そうでなければ元のオリオン文明の堂々巡りのタイムラインから抜け出すことはできなかった。

現時点西暦2017年より、正のタイムライン上の地球では人類の存続は確かに危ぶまれるが、地球の変動期を経て安定した気候に移行していく。
その間に我々地球人と最初に出会う地球外生命体は非常に感動すべき出会いとなるグレイの末裔、すなわち遺伝子修復によって戻ってた新たな人種であり、元を正せば総祖先はアヌンナキになるのである。

総観すれば、我々人類を生み出してきたアヌンナキは歴史的変遷の末姿も精神も変容を遂げて我々に出会うことになるのである。

参考動画:

2017年4月28日

神の意識とは

我々の社会は数千年の長きにわたって劣等意識と優越意識が物質化するほど重く、ピュアな意識に蓋をしている。
特に私の世代までだろうか、他人を見れば自分より上か下かで意識を選別し、言葉を巧みに選び人間関係を保ってきている。
己自らが蛸壺に嵌まるがごとく、その中でもがき苦しんできたのに。

もし、あなたが今でも蛸壺から抜け出せないのなら、出口を見つける前に、あなたの意識を掃除し、蓋になっていた意識、すなわち他人より秀でた存在になることの優越感とそうでない場合の劣等感、それらを取り除かなければならない。

いわゆる意識にも断舎利が必要で、数千年来続いてきたピラミッド社会の呪縛であるこれらの意識・感情を捨て去る必要がある。
もともとこれらの感情は生命体に備わっている自然の感情ではない。

人工的にある目的を意図して作られてきた意識であり感情であり、植え付けられた装置の役目をしている。

この感情が点灯している限り、あなたは誰かの僕であり・見下され、誰かを僕にして見下す競争型の見えにくい階級社会の一員であるシグナルを発することになる。

物質同様、意識の装置を外すのは一度にするには無理がある。慣れ親しみすぎてきた脳に埋め込まれた装置なので、慎重に少しずつ少しずつ緩めて分解するのが好ましい。
地雷と同じで一度に荒っぽくはずしてしまうとショックで自爆してしまう危険性がある。

手始めは、小さな優越感なり劣等感の感情が浮き上がってきたときにチャンスが訪れる。
この両者の感情は2つで一つとなっている。劣等意識ばかりが思考を独占している下級国民は立場が変われば総優越意識に浸る潜在意識も持っている。

特に劣等意識を持っているほうがむしろ好都合で。気付きを得やすい。

手順としては単純で、内側から少しづつその感情が沸き起こってきたら、打ち消す。たとえ現実として劣等であったとしても、ここが大切で、あなたの意識の中にその感情を受け入れないことがポイントになる。
これを、ことあるごとに繰り返す。そのうち小さな劣等意識がはがれ、そのうち個人を超えた社会や組織・国家などに対する劣等意識が浮上してくるので、そうしたら今まで同様のペースで打ち消すことが出来る。

最初から大きな劣等意識は打ち消せないので、先ずは小さなものから取り掛かるのが良い。

そうしているうちに、もっとも大きな最後といってもいいかもしれない劣等意識が浮上してくるだろう。人それぞれだが、いわゆる蓋をしてきた存在に対する意識になる。
これも取り除くのは、ここまで来れば手でつまんでポイといったかんじだ。これで鼻をかんで屑箱に捨てよう。

そこまで来て、ようやくあなた意識の中に神なる存在が現れてくる。

ここまで来るのに信仰や修行や勉強など何一つ必要ではない。むしろそれらは神なる意識に手が届かないようにしてきた障害物だったことに気付くだろう。

すべての人がすでに何世代も過去生を通じて否と言うほどこの意識と一緒に経験を積んできた。
今更難しい生き方をする必要はまったく無い。ここは最終地点にきているので後もう一歩でヒトは神になる。

神は存在しない、という観点もあるだろう。
その場合、元々全ての人の方が神だったと言えるだろう。
あるいは言葉を変えて言えば大いなる全てとつながっていたと言ってもいい。

単に思い出せないほど人工的な感情装置が働いており、素の意識に戻れない状態が数年続いてきただけ。

ほんの少しの感情の変化に気を配ることが最初の一歩。


2017年4月16日

自らが神をも超える存在だったことを思い出そう

私は人間が定義する神以上の存在である。
貴方が一歩譲って、自分が神の僕であるとか神の子であるとかと思っていたら、貴方の心の中にはまだ捨てきれない劣等意識が残っている。 あなたの心の中に上をつくれば、あなたより下の者も同時につくってしまい、気付きにくいが目上目線のあなたがそこにいる。 劣等感は優越感という意識を引き寄せる。 自分より下の存在を探し出しては優越感にしたりたがる。 この優越感はいじめにもつながってくる。 近年は『神の声』というテクノロジーさえ存在していて、我々の脳波に合わせて送信している。闇の勢力組織がやっていることだ。覚醒し始めた人たちをピラミッド社会の階層へ引きずり戻すためだ。 神の概念は人工物である。その由来に関しては人類誕生の本当の歴史が示している。崇拝の感情を抱かせることで人類の祖先は劣等意識を植え付けられ、自立できなくさせられてきた長い歴史を持っている。 このことに気付き始めた人たちは崇拝の感情によって築き上げてきた世界観を捨てることになる。人によっては神はいない、と言う人もいれば、神を卒業したと言う人もいれば、唯我独尊と言う人もいて様々だろう。 スピリチュアル的には、「大いなるすべて」-ワンネスにつながる、あるいは神の概念を捨てて自分より少し賢い存在のハイヤーセルフに気付いた人たちもいる。 しかしハイヤーセルフより自分が下だという意識を持っている人たちが多い。神の概念がハイヤーセルフに移っただけで劣等意識が依然と残っている。 もともとこの劣等意識は人間には備わっていない感情なのだ。 太古の時代より、ピラミッド社会の中で植え付けられてきた人工的な感情なのだ。
今この気付きの時代を向かえ、少しずつ少しずつ色んなことが暴露され始め、それと同時に自分自身に自信を持ち始めてきた人たちが増えてきている。自分で判断し・考え・決断し・責任をもって行動する人たちだ。 本当の歴史・本当の科学・本当のその他もろもろのことが分かってきたり、行動に伴なって自信を取り戻す内に、少しずつ少しずつあなたは劣等意識が浮上することに気付き、それらを削り落としていくことが以前よりも容易になって来ている。 自分に自信を持つこと、自分の無限の可能性を信じること。これが本当の自愛で神の萌芽だといってよい。 この段階まで来れば、神と言う言葉はもうすでにいらない。 もともとの感情を取り戻しただけなのだ。 そうしてあなたの本来の意識が戻ってくるのだ。もうあなたは神も卒業した存在で、ハイヤーセルフとは一体化しているのだ。
我々はようやくこの数千年を遡る数万年の意識の呪縛から開放される時を向かえている。
この神の概念の断舎利は、ある意味ヒト種族の最終洗脳からの解脱だといてよいだろう。
【参照動画】
『神話の神様』byさくやさんhttps://youtu.be/Af4noK7FA80

2017年4月8日

集団行動

グレイは、厳密にはETじゃないそうだ。彼らの祖先は地球人だとバシャールから聞いた。今では感情を失い、生殖器が退化し、子孫は細胞培養からなっている。それでもDNAの劣化が止まらず、タイムラインを遡って数万年先からこの地球に来てアブダクションを行なってきた。彼らのアジェンダは感情と愛を取り戻すこと。

2017年4月5日

劣等感・優越感の起源

「予言」とは、いくつもあるタイムラインの内の一つに過ぎない。
感情を伴なうビジョンは現実化しやすい。
大衆誘導・思考操作を行なう者たちはそのノウハウをよく知っている。
それで恐怖による感情を大衆に植え付けて予言を 成就させる。


恐怖・不安のほか、大衆操作の典型的な感情は劣等感と優越感だ。
この二つの感情は本来健全な人間にはない。むしろ移植させられた感情でヒトはそれと同化ている。
ところが、一般大衆はあたかも自分が発している感情だと錯覚させられている。
この感情が社会に定着すると集団意識として定着し、嫉妬・皮肉・貧欲な感情が蔓延し、ひいては差別・いじめ・自殺・犯罪などが沸き起こって来る。
では、その原因である劣等感・優越感はいったいどこから来るのか?


その感情の起源は人類の創生にまで遡るほどだが、意識として社会に定着し始めたのは、社会がピラミッド化してからだ。
あなたと私では上下の関係にある。だから私はあなたに命令し、一時的にもあなたを私の所有物とみなすことが出来る。
それを可能にするため、本来平等であった地球の資源を独占し始めたあたりが劣等・優越意識の起源になる。
さらにもっと遡れば、神と言うアイドルをヒトに植え付けたところに本当の起源がある。
本来「神」とは、ヒトを指して言うべき対象であったものを、あたかも上と位置づけ、ヒトを下と位置づけて大衆はアイドルに仕える僕・子供であり未熟な存在で、無能なのだ、と見下した大衆操作がことの発端となっているのだ。 2元論・二元分離・対立構造の感情がここから始まった。


https://youtu.be/Nj5crD2iigA