2016年6月27日

朝鮮人の日本支配と天皇の出自

日本人でも非常に分かりにくくされている朝鮮・在日・同和・部落・エタ問題の歴史的タブーを暴けば、その根幹は天皇制に行き着く。
天皇種族が支配構造を維持するために、日本社会に仕掛けた差別問題は差別側に優越意識を与え、被差別には劣等意識を与えることでヒエラルキー(階層社会)を生み出してきた。これによって日本での天皇支配への大衆の標的をかわすと共に天皇種族の防衛のために彼らは被差別側集団側から人材を引きだして防衛集団としてに使ってきた。ヤクザ界を育て、政界・財界・宗教界・芸能界にスポーツ界・それら界と名づくところ在日が多いのはそのためだ。
ここまでが天皇の第一のディフェンスで天皇の祖先が朝鮮人である、ということが知されても同族の配下が守ってくれる環境を今まで面々と作り上げてきたのだ。
ところが、この支配手法は天皇種族が自ら始めたわけではない。同じような手法はユダヤ問題でも面々と続くが、この問題を作りだしたのは大英帝国・ユダヤ金融資本・バチカン・イエズス会が関わっている。
日本に天皇制を作りだしたのは、彼らであって倒幕府を裏で操って資金援助して英国王朝スタイルの支配体制を日本にも同じように施行としたからである。
他国を支配するにはその中で最も差別されてきた種族を頂点に迎える。そうすることで裏切るどころか進んで配下となる支配のメカニズムを知りつくしてきたのが彼らだ。
それまで天皇は歴史上ほとんど大衆から忘れられた生活をしていた落ちぶれ貴族だったが、操り天皇を倒幕後いっきに頂点の踊り場に登場させたのだ。
これが幕末期の天皇がすり替えられた事件である。
それからはこの天皇を使っては戦争の拡大を仕掛けてきた。
ここまでが第二のでフェンスで天皇を操ってきた張本人を隠し通すためである。ほとんどの日本人はここまで知り通すのは困難を極めるだろう。
それは天皇の本当の出自を隠すために取ってあったもっとも高いハードルだ。
現在の天皇種族の出自は不可触選民。
いわゆるもっとも日本で最下層の身分であった穢多(えた)である。

0 件のコメント:

コメントを投稿