2020年8月2日

原爆地上起爆説検証まとめ

広島に落された原爆が日本製だったと真しやかな噂があります。
しかもB29によって上空から落とされたのではなく、地上に設置されて爆破されたと。

これは日米がもっとも隠してきたかった事なのです。太平洋戦争もしかり両国の上層部が共同で画策したイベントで、負ける役を演じることになった日本が自ら原爆をしかけ、あたかも仮想敵国から落とされたかのごとく装うことにありました。


なお、この点については疑問以前に皆目理解できない方もいらっしゃると思うので、事前に当ブログの過去投稿をお読みいただくと日本製原爆の経緯がご理解できるかと思います。

要するに9.11同様、飛行機による爆破ものではなく、あらかじめ地上に仕掛けられていたという説です。

ところが、この地上起爆説が最近論破されています。
地上で起爆したのならば、当然爆破によるクレーターがあってもよさそうなものです。
それがどこにも見当たらないと反論しています。

実はヒロシマに落とされたあのウラン型爆弾は水と反応させると爆発する性質があるそうです。
当時のウラン型原爆は水の中にドボンと落とし込むことで爆発すると言っていた開発に関わった人の話を聞いたことがあります。

だとすれば、爆心地周辺を写したこの空撮写真で見れば、護岸の一部が崩れているこの地点が爆心地になるのではないでしょうか。
画像


画像
上空から見ると公式爆心地からすぐ近く。元安川の向こう岸。


本当の爆心地はここだと私は睨んでます。原爆は元安川に、原爆ドーム対岸から投げ込まれたのでしょう。
川岸をよく見てください。護岸が見事に無くなっています。上空600メートルの炸裂によるものではなく、水中で真横から抉り取られるようにして吹き飛ばされたと見るほうが自然ではないでしょうか。

画像





画像
映画「この世界の片隅に」の一こま。原爆が陸路で運ばれ水中に投げ込まれたとするならば、主人公すずがスケッチしていたこの地点が原爆設置箇所。



画像
密集した民家の路地を縫って川岸に原爆を設置するのは怪しまれるので。むしろ海路によって広島まで運ばれ、目標地点の産業推奨館前にて水中に落とされ、起爆したとのではないだろうか。

画像
更にもう一枚の写真はその原爆クレーターを明確に写している。米などで収集された新たな32カット内の1枚。


「そもそも原爆というのは水を使う原爆だったんですね」原爆開発に関わっていた研究者の 重要な証言。





戦前の広島中島地区がCGで忠実に再現されていた。 これを見ると護岸は間知石で組まれている。 原爆炸裂後の写真を見るとこの範囲の護岸だけが根こそぎ吹き飛ばされている。 爆破によってできる窪み川底で見えず、護岸によってさえぎられ、目に見えるクレーターはできなかったのだ。
画像


ヒロシマ原爆投下直前、B29(上空9Km)を見たという証言が多数あるが、同時刻帝国海軍の紫電改(上空5Km)が広島上空を通過、操縦士はB29を見ていないと断言する。 実際その時B29が飛んでいないとすれば、地上から見えた飛行機は紫電改に違いない。だが後々被爆者にとっては敵機に思えたに違いない。






【参照サイト】
""原爆は日本製で地上起爆?""
https://blog.goo.ne.jp/yoriissouno/e/95bf9cbeb582d09ae05f6818993d737f