2016年4月25日

軽度の悪魔崇拝

初詣に限らず、願い事を自分でかなえず他者に依存する精神状態は軽度の悪魔崇拝だと私は認識してます。
これは、あたしが過去数か月にわたって悪魔崇拝を研究・調査した結果の一つです。

その精神状態はあらゆる宗教の神頼みに共通しています。
己の中に『崇める』存在を作り出すと、その潜在意識化には真逆に『蔑み』のこころも同時に育ててしまうのです。
崇める存在が神であろうとアイドルであろうと変わりません。
精神構造がそうなっているのです。
ですから仏教・神道・キリスト教においても、軽度の悪魔崇拝の精神構造は内包しているのです。
では禅はどうかというと、『仏・神に会ったら、たたき殺せ』という問答があるくらいなので、アンチ悪魔崇拝なのです。


ごく当たり前の祈願も、一見神を拝んでいるようですが、依存心の周波数に応じた霊的存在や出来事を招き寄せているにすぎません。

ですから、そういう場合神様には願い事は届いていないのです。代わりにエゴの願望に応じた存在が引き寄せられます。
中には、最初に甘い汁を出しておいて、最後にはアキレス腱を切るような存在もいます。
またはあの世に行くまで甘い汁を出させて転生する段階で運命の輪を切るケースもあります。
さらに、重度の悪魔崇拝の場合、なんども転生して極限まで甘い汁を吸わせて、人間からはるか隔たった存在に魂を移行させる存在もいます。
あたしは、こういったのも神が行なっていると思います。

2016年4月24日

陰謀論を超えて




フクイチへのサイバー攻撃は、かなり以前に元原発技術者で内部告発のジム・ストーンが暴露していた。
当時彼は命を狙われて逃亡中での告発であった。

だが、日本で苫米地英人がのうのうと暴露したが、命は狙われていないようだ。
逃げ回るどころか、マスコミが取り上げるほどだ。


なぜなら、ここまでが一般的な陰謀論だからなのだ。

第二のディフェンスと言っていいだろう。
大衆の視線を主犯からそらすのがその目的で。
苫米地はその役割を演じている。

他に陰謀論者といわれている輩も同様の役割を演じている。
大抵は原発村に取り込まれている。
彼らの暴露情報にはある程度真相は含まれているものの、なぜか射能の危険性については触れない。あるいは、そこだけ真逆のことをいう。
この矛盾の裏にそれが隠れている。
だが、彼らも生活のために妥協して取引に応じ、できる限りのことを話しそうとしているのだ。非難するより、我々が真贋を見極めようではないか。

本当の真相はこの第二のディフェンスである陰謀論を超えたところにある。
私は何度も言うが、イスラエルと手を組んでやっているのは、このクニに君臨する天皇種族であり、その配下の天皇財閥なのだ。

このしくみはなんら戦前から変わってはいない。
地震を仕掛けているのも、主犯はこのクニの内部、しかもその頂点にいるのだ。
敵対する存在を持ち出してあたかも外国のみから仕掛けられたかのように見せかけているが、それと手を組んでいる奴らは、我々のクニを独占支配している天皇種族そのものなのだ。

このことは戦前から続く日米共謀で起こした先の大戦が彼らの共同イベントであったことを知れば、いま起こっているのはその延長線上に置かれており、そうなると彼らのシナリオが先読みできるだろう。

彼らはこの真相を隠すため3重にもディフェンスを張っている。
特に日本人にとってこのトリックを見破るのはかなりマインドコントロールされているので、若者であっても、相当きついし、心身にこたえるであろう。

とうてい理解しがたいこの第三の真実が、これからSNSで普通の人たちのマインドコントロールがはずれ、普通に暴露されていくだろう。

2016年4月23日

2016年秋のパラダイムシフト


「2016年秋には地球規模での革命的もしくは劇的な変化がおこるでしょう」
「しかし、私には内容を話すことが許されてません」

そろそろバシャールも指導性症候群を卒業するからだろうか。
そのころには彼も第四密度からようやく第五へとシフトするのだろう。


【引き寄せの法則】
望むものを引き寄せたい願望があるうちは、エゴという分離の周波数が第三・四密度を引き寄せる。大いなるすべてと自己がまだ分離してる。
望んでいるものとの一体感があれば引き寄せる必要が無くなる。

【福島の原発災害】
一般的な見解

【人類を創生したアヌンナキについて】
一般的な見解

【不食】
Q「不食の人のエネルギー源はなんですか?」
A「地球の電磁場です」

【悟りについて】
「能力の限り情熱を感じることに身を注ぐ」
 
【重力について】
液体のように流動的な重力があるらしい。

【地球における大麻の役割」
一般的な見解

【ETとのオープンコンタクトについて】
2025年より段階的に、第一の種族は『ヤエル』から。

2016年秋のパラダイムシフトについては大変興味深い。
すでに加速度的に起こっている出来事が拡大し縮小していくというので、世界政府の陰謀・金融・経済などといったピラミッド型支配構造の拡大がこの時点を境に縮小に転じていくのだろう。地球規模での災害の拡大も頂点を極めていくことに違いない。
そうなると、日月神事で言う『一厘の仕組み』が発動し始めるのでは?

バシャールの観測によれば、今の時点での人類の集合意識ではもう一つの原発事故なり災害(陰謀であろうとも)を引き寄せるだろうとしている。

バシャールについては、イルミナティー側にとって都合の悪い情報は一切流さないし・拒絶しているので、ある程度取り込まれている可能性も考慮すべきです。
その観点からすれば、ネガティブサイドによる大衆操作が含まれている可能性があります。本当らしい情報の中に紛らわせているので参考程度にしておいてください。

2015年10月 の日本でのインタビューから

2016年4月18日

本当の敵は外部にいるのではなく、内部にいる

自衛隊のある分派と日本政府そのものがこの地震に関与のマッチポンプのようだね。
否、火も消さないほど開き直っているといったほうがいいかな。

それほどまでにやってることに自信過剰で、アンダーコントロールされてる日本の大衆。

私は何度も言うが、この政府を操っているのは主犯は天皇種族であり、天皇崇拝に取り付かれた天皇財閥がその回りを取り巻いている。
天皇についてはコシミズ氏は口止めされて言えない。
その代わりロックに標的を向けるように取引しているのだろう。
ロックなどは新興勢力で、ロスチャからはじかれようとしているほどの下部組織。

本当の敵は外部にいるのではなく、内部にいるのであり、先の大戦と同じ構造が戦後も続いているのだ。
日本って段々と『進撃の巨人』に見えてくるだろ。やってることは映画より残酷だと思うよ。

ちなみに、ヒロヒトはバチカンと組んで先の戦争を起こしているんだぜ。

以下ツイッターより引用
地震の前、すごい電磁波がグーグルアースで見られ、何だろう・・と、こちらのサイトで皆思っていました。この電磁波は地面や土を軟らかくする、そして人工地震を爆発させれば効果的らしい。https://plus.google.com/11078301751991360…/posts/R4sxv93j5k7


8分あたりから

2016年4月17日

人工地震であったことの確固たる証拠



今回も人工地震であったことの確固たる証拠が提示される。

気象庁、人工地震と自然地震との違いを説明
http://youtu.be/nIZ6TFTQFg4


震源地の自衛隊駐屯地にある旧日本軍の地下基地での核爆発。

今回は陸地だったが、海洋では掘削船「ちきゅう号」が活躍している。
これを管理しているのは、日本財団。天皇財閥の下部組織であり、ベクテル社ともタグを組んで内部犯行に励んでいる。
彼らにとって「自分の国」といった大衆の世界観などはこれっぽちも無い。
また災害特需で潤うことだけが彼らの目的ではない。彼らにとって金は下部組織を動かしていくための2次的な目的にすぎない。

これはとうてい信じられないことであるが、彼らにとって被災者は「生贄」なのだ。
己の権力と悪魔的な強運を引き寄せ維持させるために、捧げる生贄は100万単位であっても驚くべきことではない。
ここでは過去の生贄については語らないでおこう。

この世界は陰謀論を超えたところにある。これが見えないため、敵は外部にあるばかりと思われてしまう。またそう自己暗示にかかりやすい。場合によっては悪魔崇拝を隠すため、意図的に陰謀止まりを装っている。
しかしこの世界のピラミッの頂点に位置する支配者どもが悪魔崇拝でつながっていることを知ると、戦争とは生贄を捧げるための合同儀式であることが見えてくるのだ。

2016年4月16日

原発の計画的事故


私は何度も言っているが、原発は計画的に構造線上に置かれているのだ。
後から地下を調査したら構造線上に乗っかっていたのではない。

時が熟してきたら、地盤に刺激を加えて破壊する計画が建設以前からあるのだ。
これをやっているのはテロ集団で、その指令系統は自衛隊の中にも米軍の中にも入っている。

正体を隠したこのテロ集団という敵は国外にはいない。この敵は日本の中央政府の中枢を操る天皇種族、しかも宮中に君臨しているのだ。

先の大戦・広島・長崎が彼らの自作自演だとわかってくると、戦後米国の原爆開発の初期段階では日本人が船頭を取って関わってきたことが見えてくる。
これはそれを裏付けるドキュメンタリーで、戦後日本の原爆開発者数名が共謀仲間の米国に渡って技術を流していたことがわかってくる。
https://youtu.be/4iE-0tRGjy8
(戦中の北朝鮮の興南地域における 日本の原爆開発についてこの米ドキュメンタリーでは詳しく語っている。ただし、ここでも原爆の日米共謀については隠蔽工作が続けられているが、日本ではまったく知らされていない)
http://fujisosho.exblog.jp/16417440

日米共謀の上でマンハッタン計画はタイムライン上でずらして戦前とし、歴史上あたかも米国主導で行ったかのように世界をマインドコントロールにかけていったのである。

世界はいまだに騙され続けている。
我々は、9.11を上回る一大スペクタクル劇の観客席にいまだに縛り付けられている。
さあ立ち上がって劇場を出て、世界の本当の景色を見ようではないか。

2016年4月7日

ドイツより進んでいた日本の原爆開発

広島と長崎の原爆は、日本が開発して地上で起爆させた。

目的は国民の大量虐殺に加え被爆実験もかねていた。これは広島・長崎に限らず米国との共謀であった。
広島でも長崎でも天皇の正体に気付いた勇敢な兵士を一箇所に集め皆殺しにすることが終戦工作の一つであった。
ヒロヒトは、戦後軍部による復讐を恐れていたのだ。
共謀した米国とは、米国が開発して投下したことにした。
マンハッタン計画など戦後のことなのに、あたかも戦前から極秘に開発してきかたように見せかけてきたのだ。
A.H.コンプトンは、マンハッタン計画について本を書いています。
その中で、日本の核開発がドイツより進んでいたと述べています。
A.H Compton's investigation report for the Manhattan Project notes that Japan made far more progress in the field of developing nuclear energy than Germany did.
https://sites.google.com/site/naziabomb/home/japan-s-a-bomb-project
その核爆発技術を米国が特許管理して独占し、核兵器保有国と偽って世界を威圧することに成功した。また核爆発を指揮した天皇の罪をも隠し続けてきた。

このことはいずれはネット上で広がり、そのうち疑念を抱く人々に対しても確信を突く情報や証言が出てくるだろう。
現在、勢力の均衡が乱れ、天皇種族の内部抗争が進んでいるそうだ。

これはもっとも日本人が触れたくないタブーだが、日本人の信念体系が根こそぎ崩れ日本の大転換を迎える起爆剤となっていくだろう。
_

明治以降、倭人(中国・韓国・東南アジアの混血)から弾圧を受けてきた山窩(穢多)と呼ばれる人々が蘭学者となり、英米に唆されての天皇はに成りすましたのは事実です。
だからヒロヒトの出自はエタであり、朝鮮人ではない。
倭人に属すのを拒んできた山窩出身の蘭学者箕作阮甫の子孫なのだ。
だから復讐が止まなかった。
朝鮮人女性を慰安婦にし、中国人で生物化学兵器の人体実験をし、日本人で原爆殺傷能力テストをした。https://twitter.com/kirakiraryoko/status/689812287339638784


“@usuichallenge…
TWITTER.COM|作成: 日本で一度も報道しないこと

2016年4月1日

ワクチン兵器としての子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチン 副作用(本作用)の真相が明らかになりつつある 

当初から断種ワクチンと言われてきたが、摂取した小学生高学年・中学生・高校生338万人から自己免疫疾患の患者が出る。

ワクチンの元締めWHOは、そもそも人類の断種のための医療兵器であるワクチンを各国に押しつけてきた。受け入れる側も同類なので、国がまさか、と思うだろう。
だが、国とはこの世界の支配者同士がつながっている支店のようなもので下々を囲っている牧場程度のものなのだ。


1980年代中ごろ暴露本が出て、エイズはWHOの外郭組織が作りだしたウイルス兵器だと知って驚いた。
だが、そんなことで驚いていては、上っ面程度だと更ににのけぞってしまったことがある。
実はこのようなウイルス兵器は、はるかヨーロッパで人口の三分の一を失ったペストにまでさかのぼることができるというのをどこかで聞いたことがある。
うわさ程度かもしれないが、その可能性は否定できない。先の大戦でも大量虐殺でどれだけ削減されていったか。
それに日本でも明治時代、万単位で亡くなったインフルエンザ。

今日ではワクチン兵器はもうネタばれしてしまったので、今後はもっと巧妙にあらたな断種兵器を我々に投げつけてくるだろう。下々は監視体制を整えみんなで喚起しあっていこう。
WiHiも脳を攻撃してくるのでやめた方が良い。